でかヨーキー《いつもむぎと一緒》 幸せだったね

アクセスカウンタ

zoom RSS むぎの息が止まった瞬間にインスリン剤は‥

<<   作成日時 : 2018/02/01 10:34   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 5

むぎは意識が朦朧としている中
私の腕の中で頭を持ち上げ体をくねらし
苦しんだあとに呼吸を止めた。

私が泣きながら一番最初にしたこと

それは冷蔵庫から怒りを込めてインスリン剤を取り出し
(インスリン剤はのちに病院で廃棄をお願いしました)
苦い飲み薬をゴミ箱に捨て
返却するために保管してあった注射器を床に叩きつけた。

むぎの命を繋ぐ大切なインスリンだったけど
息を止めた瞬間
それはずっとむぎを苦しめた憎い物になった。


それらを返却するためと今までのお礼に訪れた病院。

本当にホントにお世話になったし
むぎとポン太の命を何度も救ってくれた病院。
感謝の気持ちでいっぱいです。

感謝の気持ちでいっぱいなのですが‥。
ここはむぎにとっては恐怖の場所
一番イヤな所だったんだと思ったら足が震えた。
足が前に進まず つらかった。


『お礼はちゃんと自分の言葉で言った方がいい。』
という むぎ父の言葉に促され
なんとか受付までは行ったけど、全く言葉が出てこず
頭を下げるのが精いっぱい。
むぎ父が全て対応してくれた。

本当に感謝の気持ちでいっぱいだけど
むぎを苦しめた病院‥もう行きたくないよ〜。

画像



担当獣医さん、看護士さん、トリマーさん
スタッフのみなさん。
こんな気持ちになってしまって 最大級のごめんなさいです

画像


でも心の底から
本当にホントにありがとうございました。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
むぎ母さん
いつもブログ更新してくれてありがとう。
毎日見てます。
そして、グレの事とむぎちゃんの事
つい重ね合わせしまいます。
同じ糖尿病の闘病生活。
むぎ母さんのブログにずいぶん
助けて頂きました。

グレが亡くなったのは、早朝の4時32分です。
3時頃まで調子が悪いなりにも、
静かに横に寝ていました。
ただ体温がいつもより低く、部屋の温度あげたり
毛布でくるんだりして、暖めてあげました。

その時は呼吸もしていました。
お腹の上下の動きでわかりました。
でも、あまり静かな気がして
グレに声掛け抱き上げた時に
グレの異変に気がつきました。
慌てて聴診器で心臓の音、探しましたがもう
確認できませんでした。

蘇生しようと思いましたが、今迄のグレの
頑張ってきた事、そんな事考えたら
もう苦しませてはいけない、
と思いました。
寝たまま逝ってしまったグレです。
私も最後のご挨拶に病院行くのが嫌でした。
グレがいつも病院にくると
全身で震えていたから。
むぎ母さんの気持ちがよくわかります。

むぎ母さん、ブログ楽しみにしてます。
まだまだ駄目ですが、
むぎ母さんのブログで
自分も乗り越えて行こう、と思えるんです。
長くなってしまいました。
むぎ母さん毎日寒いのでお体ご自愛下さい。
guremu
2018/02/02 15:03
☆guremuさんへ
こんにちは、guremuさん。
毎日毎日むぎとの思い出があふれてきます。
こうして書いていると少しづつ悲しみも癒えてるような気がします。

グレちゃんはきっと眠るようにお空に行ったのでしょう。
『苦しまなくて良かった』と納得するよりないですよね。
むぎもグレちゃんのように体の毛まで震えていました。
かわいそうだけど仕方ない‥と。
でも病院のそばに行くとその時の姿を思い出してしまいダメですね。
guremuさん、まだまだダメですよね。
ちょっとしたことでスイッチが入って涙が止まらなくなる。
少しづつゆっくり乗り越えていきましょう。
こちらは今日はまた雪になりました。
guremuさんもお風邪など召しませんように。




むぎ母
2018/02/02 16:33
むぎ母さんこんばんは。

息子のヨーキーしゅうを亡くしてから1週間経ちました。もっとああすればよかった、こうすればよかったとか、病院を変えたらよかったのかもと失礼なことまで考えてしまう毎日です。

しゅうに会いたいと毎日家族で泣いています。
この手で抱っこしたいと。

もうインスリン注射もないし、咳の苦しみから解放されたからよかったと思う反面、本当に会いたくてたまりません。

むぎ母さんの気持ちがつらいほどよくわかります。
むぎちゃんと過ごした時間が宝物ですね。

ご自愛ください。
しゅう
2018/02/04 22:08
⭐しゅうさんへ
こんにちは、しゅうさん。
1週間、ですか。毎日お辛い日々をお過ごしでしょう。
むぎは木曜日に逝きましたが、今でも木曜日はさらに悲しみがまします。
本当に後悔ばかり。
諦められないですよね。
もうあんなにイヤがっていたインスリンから解放されたのだから、と思うことで気持ちを静めようとしていますがダメですね。
本当に悲しみが癒える日がくるのかしら?
しゅうさんのお辛い気持ちがとってもわかります。
少しずつ笑顔になりましょうね!
お身体大切に。
むぎ母
2018/02/05 20:56
むぎ母さんありがとうございます!
お互い少しずつ頑張りましょう!

応援しています!
しゅう
2018/02/05 22:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
クリックで救える命がある。
むぎの息が止まった瞬間にインスリン剤は‥ でかヨーキー《いつもむぎと一緒》 幸せだったね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる