むぎの糖化アルブミン検査

去年の12月半ばに糖化アルブミン検査をしてから 2カ月が過ぎました。 時々、お水のがぶ飲み&たくさんのシッコ はあるものの 食欲はしっかりあり落ち着いた毎日を過ごしていました。 今回の検査結果は 22.1 でした。 数値的はいい感じ‥ですね。 現在朝夕3単位づつ接種で、 なんとなくちょっと足りないかなぁ~と…
コメント:5

続きを読むread more

むぎのささやかな抵抗

むぎのチックン直前のイヤイヤ。 思いっきり抱きついて離れない。 私にだけ見せるむぎのささやかな抵抗。 そりゃそうだよね。 毎日のチックン、イヤに決まってる。 こうして5分ほどギュ~っとされて そして自分から『チックンして』‥するむぎです。{%ファイト(チカチカ)h…
コメント:6

続きを読むread more

老犬と暮らす(ごはん事情)

何年も何年もずっと手作りごはんで頑張ってきましたが 10月に糖尿病の悪化で入院してからは 療法食のカリカリフード中心の『むぎ』のごはん。 それでも毎日しっかりと食べてくれているので ホッとしています。 しっかりと食べてくれればインスリンもきちんと打てるし 体調も安定しているようです。 それでもやっぱり時…
コメント:0

続きを読むread more

老犬と暮らす(トイレ事情)

大分遅くなってしまいましたが あけましておめでとうございます 今年もゆっくりのんびりやっていきましょう。 さてタイトル通り 我家はむぎとポン太、二匹の老犬と暮らしています。 特に18歳になろうとしているポン太は どんどん爺さんになっていく感じ。 す…
コメント:6

続きを読むread more

佳いお年をお迎えくださいね

5月にはポン太は急性腎不全と膵炎発症で入院。 余命を宣告されるほどの状態に覚悟を決めたほどでした。 ポン太の脅威の生命力で生還したものの その後、ご飯を食べてくれるようになるまでの試行錯誤 脚力低下で付きっきりの介助で 私もむぎ父も毎日疲れ切っていましたっけ。 ポン太はクリスマスに今年最後のトリミングを済ませ 来年2月…
コメント:2

続きを読むread more

むぎの糖化アルブミン検査 と 最近のポン太

むぎの再々モニタリングから2週間後。 糖化アルブミン検査をしました。 結果は『20.2』。 数値的にはしっかりコントロールできているようです。 このままインスリン『3単位』で継続していくことになりました。 10月に入院し、慢性的だった膵炎も良くなったことで むぎの体調が戻りました。 あんなに苦労していた『食…
コメント:4

続きを読むread more

再々モニタリングで先が見えてきた

週末、むぎの再々モニタリングでした。 半日入院で病院へ預けられる‥と知ってか知らずか 出かける準備を始めるとテンション上がるむぎ。 病院であろうとトリミングサロンであろうと むぎはきっと一緒に出掛けられるのがうれしいんだね。    {%富士山web…
コメント:2

続きを読むread more

モニタリング‥むぎのインスリン量が決まらない!

むぎがケトアシドーシス状態から脱出し 退院してからひと月弱。 膵炎や下痢止めのお薬もしっかり飲めているおかげか 食欲もあるしインスリンも安定して接種できているので 見た目はじつに普通に生活しています。 退院から二週間過ぎたところで 今後のインスリン量を決めるためのモニタリング実施。 ところが底が294、一番…
コメント:4

続きを読むread more

入院中、強制給餌だったむぎですが‥

ケトアシドーシス状態から脱出し むぎが退院してから3日経ちました。 入院中は強制給餌でインスリン接種していたむぎ。 5月に腎不全と膵炎で入院したポン太の時のように、 またも『食べてくれる食材探し』で頭を悩ますことになるのかしらん。 ‥と覚悟していましたが。 予想に反して、むぎはしっかり食べてくれてます。 しかも…
コメント:2

続きを読むread more

ケトアシ脱出、むぎが退院してきました

ご心配をおかけしましたが 昨晩、むぎは退院してきました。 病院では強制給餌ではありましたが口から食べ インスリンも点滴から注射になりました。 血糖値も高血糖から徐々に下がり また徐々に上昇するきれいな曲線を描き 注射でもしっかり効いていることが確認されました。 土曜日には微妙だったケトン体も お迎えに行った日曜日…
コメント:8

続きを読むread more

むぎ、ケトアシドーシス。

入院から数日経ちました。 電解質を輸液し、インスリン点滴も始まり 血糖値も少しづつ順調に低下してきています。 一日二日のうちにはケトンがなくなることを目標に頑張っています。 膵炎の方も同時進行で回復してるといいな。 その後食べてくれるようになったら インスリンを点滴から注射に切り替えていくそうですが 病院のご飯…
コメント:4

続きを読むread more

むぎ‥入院。

今日の夕方、むぎが膵炎で入院しました。 ‥そう、ポン太とおなじ『膵炎』です。 昨日、朝から激しく嘔吐。 全く食べてくれずインスリンも打てないのですぐに病院へ。 昨日は点滴を打ってもらって帰宅しました。 翌日も来るように言われたものの むぎの様子は明らかに膵炎と腎不全を患った時のポン太と同じ。 今日は通院予定の夕…
コメント:6

続きを読むread more

むぎのデキモノに変化が‥。

暑かった夏を乗り切った、と思ったら 秋の長雨と台風で すっかりお日様にお目にかかれなくなり。 そんな時に限ってむぎもポン太もたくさんの洗濯物を出してくれる。 乾燥機で大量の洗濯物を乾かし続けている毎日です。 さて、むぎのデキモノに変化がありました。 デキモノは内側と外側から奥歯に覆いかぶさり ご飯を食べる…
コメント:10

続きを読むread more

退院後、初めてのトリミング

ポン太は退院してからおうちシャンプーはしたけど 今回は初めてのトリミングです。 いつもお願いしているところは全部ひとりでやってくれます。 でも、ハイシニアのポン太。 自力で立っていられないので二人掛かり。 今回は病院でのトリミングをお願いしました。 おひげのカットもお願いしたけど やっぱり無理だったみたいで…
コメント:2

続きを読むread more

むぎの『デキモノ』の正体

獣医師からむぎの口の中の『デキモノ』は 悪いものではないと言われていたものの なんとも不安で、不安でたまらず 結局病理検査に出してもらいました。 結果‥。 やっぱり獣医師の言う通り、悪いものではありませんでした。 『髄外性形質細胞腫』 つまり良性の腫瘍。 広範囲に切除すればほとんどは治癒するが 口の…
コメント:6

続きを読むread more

むぎのインスリンコントロールできない苦しみ

ジャーキーしか食べなくなったむぎに いろいろなアドバイスをありがとうございました。 相変わらず『紗』でインスリン接種をすることが多いむぎです。 口の中のデキモノは見た目少しづつ大きくなっているように感じます。 上顎の奥歯あたりから腫れていて呼吸を邪魔するのか とても苦しそうに息をします。 そしてグラグラになってい…
コメント:4

続きを読むread more

ジャーキーのみで生きる『むぎ』

糖尿病わんこがこれでいいのか イヤイヤ 絶対ダメでしょ。 本当に口の中のデキモノの痛みとか違和感とかだけなの 食べ物という食べ物を全く受け付けないむぎ。 でもなぜか ジャーキーの『紗』だけは食べてくれるの。 今は食べてくれるものを食べ…
コメント:6

続きを読むread more

怖いよ~ ポン太の熱中症で肝を冷やす

検査をしたわけではありませんが獣医さんの見立てでは むぎの口の中の腫れは悪いものではないようです。 むぎは犬種的に、体質的にいぼができやすいのですが 加齢も加わりそれが口の中に出来てしまった‥という感じでしょうか。 『できもの』に犬歯があたり出血してしまうようです。 奥歯のグラグラとは直接関係ないみたい。 そして‥。 …
コメント:7

続きを読むread more

むぎの食欲不振の原因

むぎの食欲不振の原因がわかりました。 左上顎の内側に親指大の腫れが見つかりました。 見つかったのは口からのちょっとした出血から。 すぐに病院へ連れていったけれど 糖尿病のために麻酔をして切ることができない。 ステロイドを使うことができない。 治療方法が思いつかないといわれ その日は口内炎のお薬をもらって帰ってきまし…
コメント:6

続きを読むread more

インスリンコントロール以前の問題‥むぎのご飯イヤイヤ。

むぎの食欲不振にほとほと困り果ててます。 一日4回のご飯を3回にしてみても やっぱり食べたくないのは変わりないみたいですわ。 朝はなんとなく勢いで食べているようで、 インスリン接種は特に問題なくできていますが 問題は夕方のご飯&インスリン接種。 私が仕事から帰宅しても睡魔には勝てないようで しばらくは起…
コメント:2

続きを読むread more